キャンプの必須アイテム「マット」の選び方!

この記事のまとめ

  • キャンプで快適に過ごすために必要である「マット」の種類の紹介。
  • インフレーターマット、EVA系マットの使い心地をレビュー。
  • どのマットを購入すべきなのかを説明。

どーも!キャンプブロガーさくぽん(@sakumanx)です。

今回は

キャンプにおいて必須アイテムである「マット」

について紹介していきます!

なぜ、必須のなのかといいますと、キャンプでの満足感を高めるためには寝心地がいいことが条件なのです。昼間に楽しくワイワイ過ごしても、寝心地が悪いと身体が痛いです。その痛みの印象でキャンプ全体の印象を下げてしまいかねないのです。

スポンサーリンク

大まかに3種類あります!

エアーマット、インフレーターマット、EVA(合成樹脂)系マットの3種類。

  • エアーマットは言うまでもなく空気で膨らむマット。
  • インフレーターマットは半自動的に空気が入り、かつウレタンを使用したハイブリットマット。
  • EVAマットは合成樹脂を使用しているマット。

ざっくり分けるとこんな感じです。

◀参考記事(外部リンク)▶

それぞれの特徴がわかりやすく説明されています。

インフレーターマットの使用感

インフレーターマットは空気とウレタンマットの2種類を組み合わせているため、どちらの良い面を併せ持ちます。エアーマットのように空気を入れるのが面倒くさくなく(バルブを開けるだけで自動的に空気が入ります)、中にウレタンマットが入っているためちょうどいい柔らかさを保ちます。

厚さをしっかり保ちたい!という方にはエアーマットかインフレーターマットをオススメします。

◀参考記事(外部リンク)▶

インフレーターマットとEVA系マットの使用感比較レビュー。

EVAマットの使用感

インフレーターに比べて、クッション性はかなり落ちます。広げるだけ、たたむだけなので設置撤収が楽ですが、収納性は低いです。

EVAマットの一番の特徴は遮熱性が高いことでしょう。快適な睡眠の大敵「床冷え」を防いでくれます。

◀参考記事(外部リンク)▶

ヤマケンによるEVAマットで最もポピュラーなサーマレストのリッジレストと同じくEVAマットのキャプテンスタッグのEVAフォームマットの比較レビューです。

◀参考記事(外部リンク)▶

値段の割に結構使い心地がいいキャプテンスタッグのフォームマット。さくぽんレビューです。

<一番有名なサーマレストのリッジレスト。登山系の方々がこぞってこれを使ってます。>

エアーマットの使用感

一度だけ使用さえていただいたことがあるのですが、ぶよぶよとした印象のマットです。

持ち運びが大変(サイズが大きい)で空気を入れるのにもポンプが必要であるため、僕らは購入しませんでした。ダブルサイズなどのサイズがあるため、使用している人のほとんどがファミリー層です。

結論:自分の家で使っているマットはどんなタイプかで購入すべし。

ここまでツラツラとマットについて書いてきましたが、「じゃぁどれを買えばいいんだ?」って話ですよね。正直言って、人それぞれ好みが違うので一概には言えないんです。家で使う布団やマットレスだってそうですよね。僕がいいと思うものとあなたがいいと思うものは必ずしも一致しません。

あなたがどんなタイプの布団・マットレスが好きなのか。厚さ重視なのか、柔らかさ重視なのかによって購入を検討すべきでしょう。

柔らかさ重視であればインフレーターマットやエアーマット。

寒いのが嫌であるのであれば遮熱性の高いEVA系のマットを購入すべきです。

もうこの辺は試し試し買うしかないです。お店で実際にサンプルを触ってから購入することをオススメします!

そして、斬新かと思われるかもしれませんが、家にあるマットレスを持って行ったって別にいいんですよ。

◀参考記事(外部リンク)▶

北海道で出会ったご年配のキャンパーの方は布団を持参してました。


以上、キャンプの必須アイテムであります「マット」に関する紹介ブログでした!

これにしようか、あれにしようかとかどれがいいんだか全くもって検討がつかない!という方の参考になれば幸いです!

もし聞きたいことなどがあれば気軽にコメント欄にどうぞー!

それでは!