必要ないキャンプ用品買ってませんか?まずはレンタルで試すのもありです。

どーも!キャンプブロガーさくぽん(@sakumanx)です。

さくぽん

さくぽんキャンプブロガー兼Life FREEKs代表。日焼けにつぐ日焼けでいよいよタイ人。むしろ既にタイ人。ヤマケンの敵。

キャンプ用品って安くない買い物ですよね?だからやっぱり失敗したくない。だけど、新しいテント欲しいなーって思っている方いらっしゃいますよね?

そういう人のためにキャンプ場のレンタルで「試す」ということをオススメしたいと思います。

スポンサーリンク

テント、焚き火台は多くのキャンプ場でレンタルできる。

IMG_0156

一番失敗したくないキャンプ道具の買い物1位は間違いなくテントだと思います。自分のキャンプサイトのメインですし、寝るところですからね。下手な買い物して強風や大雨でおしゃかにしたくないはずです。

そんな心配をしている人はキャンプ場でレンタルを利用して試すことをオススメします。そこそこの規模のキャンプ場では今やどこでもテントのレンタルサービスをやってます。キャンプ場によってレンタル可能なテントは異なりますが、値段が高いことで有名なスノーピークのテントを貸すところもいくつもあります。

<スノーピークが借りれるキャンプ場例>

テントメーカの老舗キャンパルジャパン(旧小川キャンパル)のテントが借りれる場所もあります。福島県のせせらぎ公園オートキャンプ場です。

テント以外にも焚き火台やBBQグリルをレンタルできるキャンプ場はたくさんあります。値段が高いアイテムこそ、勢いで買うのではなくレンタルで試すのが吉だと思います。

例えばですが・・・

スクリーンショット 2015-07-01 14.42.22 スクリーンショット 2015-07-01 14.42.30

サンタヒルズHPより)

上にのせたレンタル料金表は上述のサンタヒルズキャンプ場のものです。

テントは1張り3,500円で借りれますし、ダッチオーブンはわずか500円でレンタルできます。この辺のものは買おうとした場合確実に数万円以上するものです。数万円以上するということは失敗できない買い物な訳ですよね?そうなるとレンタルで試すことが大切だということが少し伝わると思います。

レンタルする際の注意点

レンタルする際の注意点を1つだけ挙げますが、「適切に扱いましょう」ということです。いくつものキャンプ場でアルバイトをしてきた僕らですが、キャンプ場のレンタルで一番困るのは使い方が適当で壊した状態で返ってくることだそうです。常識的に考えてありえない話なのですが、こういったお客さんが現実にはいるそうです。

使い方がわからないようならばキャンプ場のスタッフに聞きましょう。壊してしまえば当然弁償になるわけですし、正しくない使い方で道具を扱ったってその道具の良さはわかりません。キャンプ場も壊されてしまってはたまらないので、快く教えてくれるはずです。

レンタルショップもありますが。。。

そらのした」などアウトドア用品のレンタルショップもあります。以前一度だけ利用しましたが正直言って結構めんどくさいです。到着日の指定や使用後の発送などを考慮するとキャンプ場で事前に予約して、使った後はそのままキャンプ場に返却する方が圧倒的に楽です。

ただし、キャンプ場ではレンタルされていないようなレアなキャンプ道具もありますので、その辺はレンタルショップの方がいいのかもしれませんが、まだまだキャンプに慣れていないキャンプ初心者の人は、もっとキャンプに慣れてからこういったサービスを使う方がいいと思います。

以上、キャンプ道具のレンタルについての紹介でした。そもそもキャンプ道具を全部レンタルするとどうなるかー?といった疑問をお持ちの方は下記記事も参考にしてみてください。

あなたにも素敵なアウトドアライフを!