夏のキャンプについて

ども、さくぽんです。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。自然とともに生きることが人生の目標です。

今回は夏のキャンプについて、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

夏のキャンプってどんな感じ?服装や気温は?

20150803-IMG_0836

キャンプといえば夏休みに行うもの!

そういったイメージの人が多いのではないでしょうか。夏のキャンプ場はGWと共に繁忙期であって、お盆の時期になると所狭しとテントが張ってあります。

気温は暑いところでは平地と同じで30度越え。涼しい所では22〜3度なんてところもありますので、服装に気をつけて下さい。

基本的に標高が高くなれば気温が低くなります。例えば、人気キャンプ場のスウィートグラスがある群馬県北軽井沢ではクーラーをつけている家はほとんどないそうです。(北軽井沢の標高はおよそ1,100m)

初夏やお盆過ぎなどは朝晩が冷え込むことがありますので上に羽織れる洋服を持って行きましょう!虫にやられることもありますので、虫対策の意味合いも含めて服装には注意してください!

夏のキャンプならではのことは?

IMG_2789

まずはなんといってもBBQでしょう。夏のキャンプといえば、BBQを楽しむのが一番気持ちいいです。

キンキンに冷やしたビールと炭火で焼いたお肉の相性は抜群!誰もが楽しめる魔法の組み合わせですね!

夏に大活躍するクーラーボックス。夏はハードタイプのクーラーボックスがいいでしょう。食材用のクーラーボックスと飲み物用のクーラーボックスを分けて使うと、開け閉めの回数が少なく済むので保冷力が保てます。ぜひ、お試しください!

IMG_0266

その土地、その土地の美味しいお肉をたべるのもいいですね!

群馬県の赤城山オートキャンプ場では「こめこめ豚」という飼料にお米を使った美味しい豚肉が味わえます!ぜひ、ご賞味ください!

夏のアクティビティーもぜひ!

IMG_3667

夏といえば海や川での水遊びができますよね!

キャンプ場は川沿いやビーチ、湖のほとりにあることも多いのでぜひ、夏のキャンプでは水遊びを楽しんでください!

シーカヤックやSUP、魚釣りなどなど。暑い夏に水が気持ちいいですよー!

関東ならば富士五湖周辺のキャンプ場で水上アクティビティーが楽しめますし、関西では和歌山県や三重県周辺のキャンプ場で遊べますよ!下記リンクも参考にしてください。

虫対策を忘れずに!

IMG_4340

夏といえば虫が多いのはもう仕方のないことです。蚊取り線香や虫除けスプレーは必ず持参しましょう。

場所によってはブヨやヌカカといった蚊取り線香では忌避できない虫もいますので、ブヨにも効果のあるパーフェクトポーションを購入しましょう!がかなり効き目絶大なのでオススメです。

あとは森林香も持っておくといいですよ!ブヨにはそんなに効果がないですけど、アブは寄せ付けません。

蚊取り線香+森林香+パーフェクトポーションという最強アイテムを揃えて夏のキャンプを思いっきり楽しみましょう!

朝方や夕方にたくさん虫が出てきますので、その時間帯は極力肌を出さないようにすることでも虫対策できますので、その辺も考慮して服装選びをしましょう!

お盆が一番の繁忙期

お盆時期のキャンプ場は、とんでもない数の人とテントでいっぱいになります。

ですから、キャンプサイトを予約する場合は極力、区画サイトを予約するようにしましょう。

フリーサイトの場合、隣のテントとあまりにも近すぎてしまい、ゆっくりできなかった・・・なんてことも起こり得ます。

人が多い=炊事場やシャワーも混み合います。水道がついているサイトをチョイスするのも一つの手かもしれませんし、お風呂は場外の温泉施設で済ませてきた方が吉ですね!

まとめ

ざっくりですが、夏のキャンプをまとめますと

  • BBQ&ビールが最高にうまい。
  • カヤックやカヌーなどの水上アクティビティーが楽しい。
  • 虫対策を忘れずに!
  • お盆などは混雑しているので、混雑していること前提で行きましょう。

ってな感じ夏のキャンプを紹介してきました。

ベテランキャンパーになると夏は「人と虫が多くてキャンプしない」なんて人もいますが、ほとんどの人にとっては夏はキャンプシーズンです!

春や秋のキャンプもいいですが、まずは夏休みから挑戦してみてください!


・関連記事

春のキャンプについて

秋のキャンプについて

冬のキャンプについて